糖尿病

diabetic-title.jpg

糖尿病に深く関わりのあるインスリン。
このインスリン投与後に血糖値が上がらなければインスリンを止めることができます。



インスリンの正常な働きが大切
------------------------------------------------------
インスリンは低血糖を招くこともありますし、出来るだけ早くワンちゃんの為にも辞めてあげれるよう食事からもアプローチしてあげた方が良いと思います。

インスリンは血液からエネルギーとなる糖を細胞に運んでくれる「運び屋さん」のような役割を体の中でしているのですが、すい臓に何らかの異常があると、このインスリンが不足し、血液中が糖だらけとなってしまいます。
diabetic1.jpg
糖尿病のワンちゃんがお水を良く飲むようになるのは、この濃度を本能的に下げようとしているからです。その糖が溢れだし、尿中に混ざることが糖尿病たる由縁です。


◆こんな症状が出ていませんか?◆
・最近よく水を飲む   ・毛艶が悪い  ・よく食べる or 食欲不振   ・痩せてきた
・眠ってばかり   ・皮膚の乾燥、脱水


尿中にエネルギーとなる糖が流れ出てしまいますから、細胞はエネルゲンがないので、もっと栄養素を摂りなさいと脳に指令を出します。
ですから、食欲が増進してしましてしまい肥満にもつながってしまいます。
糖尿病でのキーポイントは、脂肪分と糖分を減らす事になります。 脂肪分は糖に変わるときグルコースとケトンという物質を作り出します。
ケトンは少なければ尿で排出できるのですが、多くなってしまうと、 血液を酸性に傾けてしまい、様々な病気を招きます。
また糖分は血糖値を急激に上げてしまいます。やはり控えた方がいいかと思います。



どんな食事療法があるの?
--------------------------------------------
主食は「スパミールやわらかめ」が良いと思います。ウエットを好まないワンちゃんや中型犬以上の子にはダイエットフードがお勧めです。BIGWOODのフードには、繊維質が多いので血中のグルコースを抑制する働きがあります。

また果物の果糖は良いと言われていますから、おやつとして与えてあげるといいと思います。生の酵素も摂れますし、お肉のおやつに比べて当たり前ですが、脂質が抑えられます。
サプリメントもご検討いただければなおよいと思います。
ミネラル分は、ブドウ糖を一定に保ってくれますので、血糖値の急上昇を抑えてくれますし必要となってきますので、「愛犬活力源」「ケルプ」がお勧めです。

特に愛犬活力源の主成分である酢酸は、胃から腸へ摂った食べ物を運ぶスピードを緩めてくれます。 なので血糖値が上がりにくいというわけです。さらに酢酸はブドウ糖をグリコーゲン(動物性でんぷん)に合成することが知られています。 ダイレクトに筋肉細胞へブドウ糖を取り込んでくれるので、細胞のエネルギー不足を解し、食欲抑制にもつながります。 またビール酵母の「イースト」は、血中のグルコースを効率的に使えるようにしてくれます。 老いるにつれて、すい臓で作られる消化酵素の生産が減少しますので、すい臓の機能低下には消化酵素「エンザイム」が必要です。
フードと愛犬活力源、イーストのBIGWOODの基本的フードがサポートします。



その他、サポートする成分や食品
-------------------------------------------------------
「ビタミンE」はインシュリンの必要量を減らす働きがありますから、インシュリン注射の量を減らしていくには良いと思います。
血糖値を調整してくれるハーブ(PA FORMURA)(VYR DEFENSE)で療法食をお作りしたり、インシュリンの合成に欠かせない「コエンザイムQ10」や、インシュリンの正常な働きを促す「亜鉛」等でのサポートをお進めします。



納豆菌はダイエットにも・・・血糖値にも!
--------------------------------------------------------------------
食物として摂取した炭水化物は、ブドウ糖という形になり吸収されます。
このブドウ糖を納豆菌が食べてくれるのです。
だから、腸内細菌の中でも納豆菌はダイエット効果の高い菌ということになります。
そのため、血糖値も下げてくれる食品なのです。
他にもカボチャをふかしておやつであげるとか、大豆や小豆、豆腐にはインシュリンに関係するホルモンが含まれております。アルファアルファなども良いです。



食事の与え方にも工夫を!
---------------------------------------------------
食事を1日5~7回に分けて少しずつ分けて上げることで血糖値の上昇も防げますからお試しください。
もちろん一日の量は今までの8割程度に減らしてあげることが大切です。

そうなると今までお腹いっぱい食べていたのが、急に量が減ることでストレスにもなり兼ねませんから、食事の回数を分けてあげるのは愛犬の満足感にも繋がりますし、本当にオススメです。

糖尿病は様々な合併症もあり、心配も尽きないと思いますが、食事からアプローチがしやすいので、ご安心ください!!



○糖尿病に必要なサプリメント○

まずは基本サプリでサポート
愛犬活力源
腸内環境の基となる(プロバイオテクス)と(プレバイオテクス)の両方をサポートし、総合的な健康の維持をサポートします。
705.jpg


イースト
「イースト」に含まれるビタミンB群は、強力な酸化防止食品であり、免疫機能や新陳代謝、ならびに総合的な健康の維持をサポートします。
3725.jpg


サプリメントに含まれる成分で糖尿病をしっかりサポート
「コエンザイムQ10」は、心臓をつかさどるアミノ酸であり、心臓病、発作、血圧正常化、ダイエット効果、糖尿病、インシュリンの合成や分泌、アレルギー、癌、免疫等をサポートする食品です。

「ビタミンE」は、体内の有害な酸化を予防する働きがあります。脂肪酸やビタミン、ホルモンが体内で酸化されると、壊れ、他の物質と混ざることで有害の混合物と変化し、心臓疾患、血糖病、胃腸炎、等のあらゆる病気を作り出します。

「亜鉛」は、すい臓、甲状腺、胸腺や肌のトラブルや白内障や免疫組織をサポートします。





※ピンクの文字の商品名は商品ページにリンクしています♥︎

商品のご注文・お問い合わせはFa*Fa
tel:06-7654-8529
mail:order@fa-fa.net
まで♡
スポンサーサイト
News!
プロフィール

Fa*Fa(ファーファ)

Author:Fa*Fa(ファーファ)
代表:松浦麻衣子
ドッググッズのセレクトショップ
&トリミングサロン


*取り扱いブランド*
インポートブランドを中心にハイセンスな商品が充実。
オリジナルブランド、『Fa*Fa』『Fashionista by Fa*Fa』の2ブランドも展開。
『BigWood』とライセンス契約を結び高品質でこだわりのフード&トリーツも取り揃えています。
トリミングサロンではジェルパックやマイクロバブルなどエステメニューも充実。麻酔を使わずに歯石を除去する歯石取りも人気。


Fa*Fa 大阪本店
www.fa-fa.net
〒550-0015 大阪市西区南堀江2-9-12 1F
tel/fax 06-7654-8529


Fa*Fa 名古屋店
〒461-0004
愛知県名古屋市東区葵1‐25‐1ニッシンビル1F
052-982-7066

名古屋店ブログ
本店サロンブログ
名古屋店サロンブログ
最近の記事
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
Facebook
instagram
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード